買いトレードだがない

マイナスで益を上げるには値の動きにより決算を行い益を出し、スワップ(為替差益)の分も加味した分の益がなくてはならない。

シンプルにドルを買う時では、ポジションを持っているだけでスワップ(為替差益)という配当金が黙ってても貰えまずぜし、更に値の動きにより益が出た所で決算を行えば両方の益が得られる事になる。

本来の勝率は50%プラスのスワップ(為替差益)、予想、低レバレッジ、購入する価格などを入れると勝率は格段にアップし、99%に近い勝率に上げる事が出来る。

その為買いのトレードのみに限定した方がプラスのスワップ(為替差益)というプラスの要素が加わるため、素人には買いのトレードをオススメしている事になる。

金融と投資 関連情報

日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。 ただ、ゆうちょ銀口座の番号は5けたと8けたの数字の組み合わせのため、3けたと7けたの数字を組み合わせた口座番号で送金処理する全銀システムでは使えない。この違いを解決するため、ゆうちょ銀は振り込みに使う口座に、従来の番号とは別の振り込み専用番号を新たに割り当てる。通常貯金、通常貯蓄貯金の専用番号は、元の番号を一定のルール=図=に基づいて読み替えれば良い。 このため、特定の保険商品や営業地域、顧客層に限った部分的な事業買収ができない。また、既存の保険会社が個人客専門会社や企業取引専門会社といった機能別保険会社を分社化し、持ち株会社の傘下にぶら下げるなどの社内再編も、事実上不可能だ。 家庭で現金を眠らせる「タンス預金」が2007年は30兆円規模に上り、03年以降の高止まり傾向が続いていることが日本銀行の調査で分かった。低金利が続いていることや米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融市場の混乱で、膨大なお金が行き場を失っているとみられる。