買いトレードだがない

マイナスで益を上げるには値の動きにより決算を行い益を出し、スワップ(為替差益)の分も加味した分の益がなくてはならない。

シンプルにドルを買う時では、ポジションを持っているだけでスワップ(為替差益)という配当金が黙ってても貰えまずぜし、更に値の動きにより益が出た所で決算を行えば両方の益が得られる事になる。

本来の勝率は50%プラスのスワップ(為替差益)、予想、低レバレッジ、購入する価格などを入れると勝率は格段にアップし、99%に近い勝率に上げる事が出来る。

その為買いのトレードのみに限定した方がプラスのスワップ(為替差益)というプラスの要素が加わるため、素人には買いのトレードをオススメしている事になる。

金融と投資 関連情報

みずほコーポレート銀行は今年1月に米証券大手メリルリンチに約1300億円を出資するなど海外戦略を強化。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行も欧米の金融機関との連携を強めており、邦銀の海外攻勢が加速している。 米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融機関の経営不振の波が全米に広がり、経営破たんする金融機関が増えている。米連邦預金保険公社(FDIC)は26日に全米の金融機関の不良債権処理にかかった2008年第2四半期の費用が前年同期の4・4倍に膨らんだと発表した。住宅関連融資の焦げ付きなどが要因だ。経営不振の金融機関は、融資を絞り込むため、米景気をさらに冷え込ませる恐れがあるが、世界的な原油や資源高で米経済はインフレ懸念にも直面しており、米金融当局は難しい政策判断を迫られている。 日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。 エバコアは、米通信大手AT&Tによる米地域通信大手ベルサウス買収を手がけるなど企業の買収・合併(M&A)に強みを持つ。みずほコーポレート銀行はエバコアとの資本提携によって日米間のM&A業務などを強化したい考えだ。