買いトレードだがない

マイナスで益を上げるには値の動きにより決算を行い益を出し、スワップ(為替差益)の分も加味した分の益がなくてはならない。

シンプルにドルを買う時では、ポジションを持っているだけでスワップ(為替差益)という配当金が黙ってても貰えまずぜし、更に値の動きにより益が出た所で決算を行えば両方の益が得られる事になる。

本来の勝率は50%プラスのスワップ(為替差益)、予想、低レバレッジ、購入する価格などを入れると勝率は格段にアップし、99%に近い勝率に上げる事が出来る。

その為買いのトレードのみに限定した方がプラスのスワップ(為替差益)というプラスの要素が加わるため、素人には買いのトレードをオススメしている事になる。

金融と投資 関連情報

日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。 家庭で現金を眠らせる「タンス預金」が2007年は30兆円規模に上り、03年以降の高止まり傾向が続いていることが日本銀行の調査で分かった。低金利が続いていることや米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融市場の混乱で、膨大なお金が行き場を失っているとみられる。 地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。 個人向け国債は、大手行、証券会社などの間で販売競争が激化し、商品券贈呈などのキャンペーンを行うところが多い。同行は今年6月の販売時にも、二酸化炭素の排出権取得を組み込むなど、環境問題への取り組みを積極的に打ち出して差別化を目指す。申し込みは、店頭のほか、インターネットのホームページ上では24時間受け付ける。